包茎手術ってどんな手術なの?

真性包茎やカントン包茎の手術の概要ですが単純に言いますと、包皮の先端部分をカットしてから糸で縫合する施術法がほとんどです。勃起時のペニスの大きささを検証した上で、要らない包皮をカットしてしまいます。

真性包茎もカントン包茎の手術の概要は単純なのです。具体的には多くのクリニックが採用している亀頭直下埋没法と環状切除術という術式に分けられます。

亀頭直下埋没法は真性包茎やカントン包茎の原因である狭い包皮輪を含む先端部分の包皮をカットして亀頭のカリ下のあたりで縫合します。これは傷跡を残さない様にするためですね、

環状切除術の場合は亀頭のカリ下よりもさらに下の部分で縫合します。

そのため傷跡が目立つ、またペニスがツートンカラーになってしまうなど見た目のデメリットが発生します。保険適用での手術になりますのでとにかく費用をかけたくない方はこの術式でもよいかと思いますが、一度メスを入れてしまうと元には戻りませんので慎重に判断される事をお勧めします、

当サイトとしては傷跡が残らない亀頭直下埋没法をお勧めさせて頂きます。

真性包茎と妊娠との関係

包皮が邪魔になって、射精をしたとしても妊娠に必要なだけの精子が卵巣に到達せず、妊娠できないなどと言われますが、これは正直都市伝説のようなものだと思います。

実際に真性包茎でもお子さんがいらっしゃる方は沢山いらっしゃいます。

真性包茎でももちろんセックスも出来ますし子供が出来ないなどという話はほとんどでたらめな噂話かとおもいます。では真性包茎の一番のデメリットは何かと言いますと亀頭を清潔に保つことが出来ないという点かと思います。

臭いが気になりますし亀頭包皮炎などのリスクを高めてしまいます。ですのでやはり早期解決をお勧めします。

カントン包茎の方で、包皮口狭いために、非勃起時の状態で剥こうとしても痛みを伴う場合、手術に頼るしかないケースも本当に多いですね、無理に剥いてしまうと皮が戻らなくなってしまいますのでやはり早期解決をお勧めしたいと思います、

自分で治す方法もある

真性包茎やカントン包茎の原因は包皮輪が狭いという事です。

キトー君という器具を使って包皮輪を自力で広げて自宅で治す方法もありますので手術に抵抗がある方はこちらの自分で治す方法も検討してみると良いかもしれません

矯正する期間としては2,3か月かかる様です

 

 

フォアダイスについて

フォアダイスというものは、美容外科を訪ねて取り去ってもらうのが一般的だとされています。けれども、正真正銘性病じゃないことを探るためにも、最初に泌尿器科を受診することが重要だと思います。フォアダイスは年齢を重ねる毎に、少しずつ数を増すと言われていて、20歳すぎの人よりもっと年を取った人にいっぱい生じるようですね。